私たちはこんな事業をしています

~どこよりも真面目に未来をつくる会社~

鉄道や建物・橋梁・航空機・機械などに使われる鉄を切断・加工しています。
「鉄の板を切断する」と言っても、単純な話ではありません。
お客様の様々な要望に応える「最先端の設備」と「高い技術力」が当社の強み。
大手企業からも、「シンニッキンさんなら何とかしてくれる」と、頼りにされています。

会社PR動画配信中

当社の魅力はここ!!

どんな要求も断らない。難しくても果敢にチャレンジする!

当社で切断した巨大な鉄板は、私たちの身近な様々な場所で使われています。新幹線のレールを支える軌道スラブに使われていたり、セントレアの立体駐車場の骨組みをつなぐ鉄板、東京の地下鉄の橋脚を支える鉄板、競技場の柱を支える鉄板、高速道路の免震ゴムを支える鉄板、変わったところでは関の刃物店に納入した包丁用鉄板……。この他にも、プラント、航空機、マンションなど、いたるところに当社の製品が使われています。中には、国家プロジェクトも!こうした大きな仕事が当社に来るのは、どんなに難しい仕事でも断らず、果敢に挑戦し、何とかしてしまうから。だから、様々な業種の企業から多くの依頼があり、業績が安定しているのです。

お客様のニーズに応えるために、最先端の設備・機械を導入。

当社には、お客様から難易度の高い案件の依頼が来ます。その依頼に応えるために、最先端の設備を導入しています。例えば、左の写真のレーザー加工機は、4500mm×22000mmの大きな鋼板も切断できる中部地区最大級のものです。この他にも、9ミリ~200ミリの厚板・極厚板を切断できるNC溶断機や、鋼板溶接に必要な開先加工を行う開先加工機、600トンの油圧プレス機といった設備を持ち、お客様の多様なニーズに応えているのです。また、ガス切断には、プロパンガスを使うのが一般的ですが、熱や歪みを可能な限り抑えるために水素ガスを利用。こうした最先端の設備を使って仕事ができるから「やりがいが大きい!」と、製造スタッフは言います。

社員全員が正社員。会社の一員としての認識を持って欲しいから。

当社の社員は全員が正社員。派遣社員やパート、海外からの研修生などは一人もいません。これは、森社長の「社員一人ひとりに、会社の一員としての認識を持って欲しい」という考えから。どんなに最先端の優れた機械を導入しても、扱う人材が鉄の特性や機械の特徴、お客様の要望などをしっかり理解していないと、お客様の期待に応える仕事はできません。営業・製造スタッフ、CADオペレーターなど、する仕事は違っても、「シンニッキン」の看板を背負って、真面目に仕事に打ち込む社員ばかりです。そんな考えに共感して、私たちと一緒に仕事に取り組んでくださる方をお待ちしています。当社の未来を担う人たちとして大きな期待をしています。

応募方法

下記フォームよりご応募ください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

年齢

電話番号 (必須)

住所

志望動機・PR事項など (必須)

※確認画面は表示されませんので入力内容をよく確認の上送信ボタンを押して下さい。