「鉄」は入手や加工のしやすさ、強度、耐久性、価格など、多くの優れた特徴を持っています。 ですから、建物や鉄道、橋梁、道路、航空機、自動車、機械など、私たちの生活に関わるあらゆる場所で使われているのです。

当社は、そうした私たちの生活に欠かせない 「鋼板(鉄の板)」の切断・加工を行っています。 当社の強みは、お客様の注文にスピーディに対応できる在庫の豊富さ、 鋼板に関する豊富で専門的な知識、 最大200mmの極厚板も切断でき、 3×13メートル(陸送可能な最大寸法)を3枚連続で加工できる 中部地区最大級の設備、そして短納期を実現できる機動力です。

たとえどんな難しい要求であっても、 「何とかやり切る方法はないか」と考えて実現する姿勢が、 「シンニッキンさんなら何とかしてくれる」という お客様からの信頼につながっているのです。

当社の魅力はここ!!

どんな要求も断らない。難しくても果敢にチャレンジする!

当社で切断した巨大な鉄板は、私たちの身近な様々な場所で使われています。 新幹線を支える軌道スラブの製造に使われていたり、セントレアの立体駐車場の骨組みをつなぐ鉄板、東京の地下鉄の橋脚を支える鉄板、競技場の柱を支える鉄板、高速道路の免震ゴムを支える鉄板、変わったところでは関の刃物店に納入した包丁用鉄板……。 この他にも、プラント、航空機、マンションなど、いたるところに当社の製品が使われています。 中には、国家プロジェクトも!こうした大きな仕事が当社に来るのは、どんなに難しい仕事でも断らず、果敢に挑戦し、何とかしてしまうから。 だから、様々な業種の企業から多くの依頼があり、業績が安定しているのです。

お客様のニーズに応えるために、最先端の設備・機械を導入。

当社には、お客様から難易度の高い案件の依頼が来ます。 その依頼に応えるために、最先端の設備を導入しています。 例えば、左の写真のレーザー加工機は、4500mm×22000mmの大きな鋼板も切断できる中部地区最大級のものです。 この他にも、9ミリ~200ミリの厚板・極厚板を切断できるNC溶断機や、鋼板溶接に必要な開先加工を行う開先加工機、600トンの油圧プレス機といった設備を持ち、お客様の多様なニーズに応えているのです。 また、ガス切断には、プロパンガスを使うのが一般的ですが、熱や歪みを可能な限り抑えるために水素ガスを使用。 こうした最先端の設備を使って仕事ができるから「やりがいが大きい!」と、製造スタッフは言います。

社員全員が正社員。会社の一員としての認識を持って欲しいから。

当社の社員は全員が正社員。派遣社員やパート、海外からの研修生などは一人もいません。 これは、森社長の「社員一人ひとりに、会社の一員としての認識を持って欲しい」という考えから。 どんなに最先端の優れた機械を導入しても、扱う人材が鉄の特性や機械の特徴、お客様の要望などをしっかり理解していないと、お客様の期待に応える仕事はできません。 営業・製造スタッフ、CADオペレーターなど、部署は違っても、「シンニッキン」の看板を背負って、真面目に仕事に打ち込む社員ばかりです。 そんな考えに共感して、私たちと一緒に仕事に取り組んでくださるスタッフを募集中です。

JIS規格品、多品種在庫を確保しています!

一般構造用 圧延鋼板

SS400 2.3t~150t

溶接構造用 圧延鋼板

SM400A、SM490A、SM490YA、SM490YB 4.5t~60t
(規格により異なります)

建築構造用 圧延鋼板

SN400A、SN400B、SN400C、SN490B、SN490C 6t~50t
(規格により異なります)

建築構造用TMCP鋼板(国土交通大臣認定)

TMCP325B、TMCP325C 45~60t

その他の規格鋼板

ロール対応致しますので何でもご相談下さい。

実績

溶接構造用耐候性鋼板 SMA490BW等 ボイラー用鋼板 SB410等 機械構造用炭素鋼鋼板 S45C等

お気軽にお問い合わせください。058-241-3111【電話受付時間】
8:30-17:30 ( 月-金 ) 8:30-12:30 ( 土 )

メールでのお問い合わせはこちらお気軽にお問い合わせください。